Beat Chello (2)Beat Chello (1)

1991年よりスイス人のリスナー医師によって再建された子供のための病院がカンタボパ小児病院である。

施設はプノンペンに四箇所、シェムリアップに一箇所あり、カンボジア人だけでなく外国人を含むすべての16歳未満の子供を無料で診察し、その運営費の多くは寄付金で賄われている。

リヒナー医師は、スイスで小児科医の免許を取得後、1947年にスイス赤十字を通じてプノンペンのカンタボパ小児病院に派遣された。しかし、クメール・ルージュのプノンペン占拠により強制帰国を余儀なくされた。その後、内戦が終了した1991年、ノロドム・シアヌーク前国王とカンボジア政府の要請により、リヒナー医師は再びプノンペンに戻ることになり、病院の再建にあたった。

まずはプノンペンに設立し、その後1999年にシェムリアップにも設立した。無料の医療支援という事もあり、開業以来患者は増え続け、現在では年間50万人以上の子供たちに対して医療を提供している。

また適切な医療を患者に提供するためには適正な給与や人材育成、そして労働環境を整えることが必要であると考え、それらにも力を注いでいる。

観光客の多いシェムリアップのジャヤヴァルマン七世病院では毎週土曜日夜7時15分より、リヒナー医師によるチェロコンサートが開催され、多くの西洋人観光客が訪れている。

コンサートでは、演奏の間に病院の設立に関するストーリー映像が流れ、カンボジアの医療の現状を深く知ることができる。またコンサート終了後には病院やリヒナー医師の半生を紹介したDVDや書籍も販売しており、それらを購入することで支援ができる。

慢性的な血液不足もあり、献血もお願いしているので、時間が許せば是非献血のために足を運んでください。

 

支援方法:

1. 寄付金

2. コンサートの見学と商品購入

3. 献血

その他、必要な情報があればご連絡ください。

 

Name: Beat Richner / ビート・リヒナー

Mail: info@beat-richner.ch

FB: dr.beat.richner

Web: beat-richner.ch