さわやかな晴れ間に恵まれた2015年4月25日〜26日、東京の代々木公園で初となるカンボジアフェスティバルが開催されました。隣国のタイやベトナムのフェスティバルは毎年、開催されているのに、なぜカンボジアは? という声にお応えしての開催です。
主催は在日カンボジア人のNPO組織・在日カンボジアコミュニティ。そこに共催で在日カンボジア王国大使館と在日カンボジア留学生協会が加わり、さらにカンボジアを愛する日本人数名が協力して 、フェスティバル開催が実現したのです。
cambodiafestival (2)
内容は、特設ステージでの多彩なイベントと、カンボジア料理の屋台、カンボジアで活躍するNPOや企業によるブース出展という3本立ての構成です。
屋台では在日カンボジア人が生み出す本場の味に舌鼓、ステージではカンボジアからやってきた王立舞踊団の優美でたおやかな舞に魅せられ、来日したカンボジア芸能人の歌やカンボジア国籍を取得した猫ひろしさんのトークショーで会場は笑顔の渦に包まれました。さらにカンボジア人留学生や在日カンボジア人、カンボジアで活動するNPOによるパフォーマンスなど、多彩なイベントが会場を彩りました。

このフェスティバルのひとつの大きな目的は、日本とカンボジアをつ なぐことです。在日カンボジア人の方に民族舞踊を踊っていただく場を設け、その活動を少しでも多くの日本人に知ってもらうことで、普段、なかなか接点を持つ機会のない両者の橋渡しをしたり、民族衣装の体験コーナーを設置してカンボジアを身近に感じてもらえるようにしたのも、「日本とカンボジアの距離をもっと縮めたい」という実行委員や出演者、関係者の願いが形になったものなのです。
cambodiafestival (3)
来年も日本にカンボジアの風をお届けするため、開催する方向で調整中ですので、お楽しみに!

カンボジアフェスティバル実行委員会
広報担当/井伊 誠