私たちKumaeが活動するゴミ山で働く人たちは、シェムリアップ市内から集められたゴミの中から、リサイクルできるもの、お金になるものなどを集め、リサイクル業者に売り生計を立てています。年々増える観光客に比例し、ゴミの量も年々増え続け、ゴミが増えれば、ゴミを拾う人も儲かるという仕組みにより、ゴミ山から抜け出しにくいというのが現状です。しかし、ゴミ山に運ばれてくるゴミは分別されていないため、ビニール袋、ガラス、注射器などもいっしょに運ばれてきます。ガラスや注射器などで手足を怪我したり、燃えたビニール袋から発生する有害物質により病気になったり、ゴミ山では劣悪な環境で働かなければいけません。
カンボジア全土での共通問題として、村の中での職業不足が挙げられ、村で暮らす人たちは働き場所が多くありません。劣悪な環境から抜け出し、村の中で働いてほしいという私たちの想いで、雇用事業を始めることになりました。雇用事業として、現在は本来捨てられるバナナの茎を再利用し、バナナペーパーを作っています。
以前、ゴミ山で行った「将来どんな職業に就きたいですか?」というアンケートに対して、90%の子どもが「知らない、わからない」、10%が「ゴミ山で働く、農業、先生、医者」という答えでした。幸か不幸か、カンボジアの学校が二部制のため、学校に通いながらゴミ拾いの仕事をすることができます。しかし、学校に通いながら、ゴミ山で働ける環境のせいで、1日の生活がゴミ山の中で完結してしまい、5年後、10年後のことを考えることが難しい状態となっています。
私たちは村で暮らす子どもたちに将来の選択肢の幅を広げてもらいたいという思いで日本語学校を建て、日本語教育を行っています。

Khmae7 (5)    Khmae7 (3)Khmae7

 

任意団体 Kumae
Name:  山勢 拓弥
TEL:    088-3254-865
Mail: info@kumae.org
FB:     kumae.cambodia
Web: kumae.org/kumae/