今回は刑務所での暮しを簡単に書きます。ここの刑務所の定員は2500名ですが、 現在4400名が収監されてます。そのため寝幅は40センチ程となり、寝る時も脚は伸ばせません。普通、朝起きたら前日の疲れも取れ元気になっているのですが、ここで寝ると、より疲れた状態で目が覚めます。  私の部屋も70名定員なのに120名いるため、いつも満員電車の中で生活している様なものです。朝のトイレは大渋滞、夜の風呂も17時から入り始め、最後は22時頃に終わります。なぜでしょうか? 司法に問題有り! 何しろこの国はただの万引きで刑務所に入れ、裁判を受けさせるのです。執行猶予もない状態。これでは受刑者が、増えるばかりですね・・・。

 

Koken

Writer:矢沢光剣      Web:yazawa.hatenablog.com