堀の中での暮らしを少し説明します。日本の感覚では考えられないでしょうが、(私は日本の刑務所は知りませんが)お金が全てです。
まず、生活用水。カンボジア人は生活用水を飲んでますが、私は飲み水は20リットルのボトルに入った物を5千リエルで買い飲んでます。
電気、水道、ガス代だけで月に30ドルほどかかり、食事代もかかります。(刑務所の支給食は普通のにはきつく、自炊が許されてます) 私の食事代は月に75ドル程で贅沢をすればキリが有りません。酒も買えます。
結論を言うと、生身の人間以外買えない物は無い!です。私の生活費は今は月200ドルに節約してますが、以前は500ドル位使っていました。200ドル有れば最低限の人間らしい暮らしが出来ます。地獄の沙汰も金次第と いう事ですね。お金の無い人はこの中では悲惨なんですよ・・・。

 

Koken

Writer:矢沢光剣      Web:yazawa.hatenablog.com