takahashi

保育という概念がない国で、託児所の良さを伝えたい

 

最初にカンボジアに来たのはいつですか?
20歳のとき、1週間ほど孤児院のボランティアツアーに参加しました。本当は、マザーテレサに憧れ、インドに行く予定だったのですが、仕事の休みと日程が合わず、カンボジアになりました。

 

どうしてこの国で働くことになったのですか?
ボランティアツアー参加時はお客さん扱いだったため、その後、個人的にカンボジアに訪れました。その際、学校建設をしている団体と出会い、毎年2回はカンボジアに来るようになりました。学校を建てた後のフォローやもっとカンボジアのことを知りたいと思い2015年4月から住み始めました。なんとなく恋人がカンボジアみたいな感覚です。こちらに住むまでに10回ほどきました。

 

前の仕事はどんな仕事でしたか?そして今のお仕事は?
知的障害児入所施設で3年、児童養護施設で3年働いていました。どちらも様々な理由で家族と一緒に暮らせない子ども達が生活している場所です。児童養護施設の中でも大きい職場だったので、2歳から18歳まで130人の子ども達が生活していました。現在は託児所を運営しています。主に、スタッフ育成、集客等の他、日本流のリトミック(音楽に合わせて体を動かす)や製作等の保育等を行ってています。

 

今の仕事での苦労話。
カンボジア人スタッフとの仕事に対する考え方の違いをお互いが納得いく形にするのが難しいです。また、保育という概念があまりなく職場に子どもを連れて行ったり、乳幼児は家族で面倒を見ることが多いため、託児所の良さを伝えるのが大変です。

 

旅人に向けてメッセージをお願いします。
良い意味でも悪い意味でもカンボジアは変わってきてますので、実際自分の目で見て、たくさんのこと感じてください。子ども好きの方は、託児所のインターンとしてもぜひ遊びにきてください。私と可愛い子ども達が待っています。

 

Name: 高橋 春香 (Takahashi Haruka)
Born: Kobe
Age: 27歳
Work: ハローベビー&キッズ
Job: 保育士
Tel: 096-3401651 / 06789-1234
Mail: harutan.com4005@gmail.com
FB:    hello.babies.kids
Web: –