1996年より始まったチャリティー国際認定レース「2015アンコール・エンパイア・マラソン」が12月6日に開催され48か国、3000人弱のランナーが参加した。世界遺産のアンコールワットを走るレースに出場した猫ひろし選手は総合で2位、カンボジア選手としては1位の記録を達成した。ハーフマラソンでは自己記録を更新した猫ひろし選手は「カンボジアでの大会ではベストタイムを出せた!良かったニャー。オリンピック目指してがんばります」とコメント。

 

http://www.khmertimeskh.com/news/14194/japan-sweep-up-at-angkor-marathon/