米動画配信サービス大手Netflixは、ハリウッドの人気女優アンジェリーナ・ジョリーがカンボジアのポル・ポト政権に焦点を当てた映画を撮影すると発表。

原作はカンボジアの人権活動家ルオン・ウン(Luong Ung)の手記「最初に父が殺された(First they killed my father)」。ジョリーは手記について、「戦争下において子供たちはどのような経験をし、またどれほど心理的な影響を受けるのかということについて理解が深まり、私の息子の故郷であるカンボジアの人々をより身近に感じるようになった」とコメント。カンボジア出身の長男マドックスも製作に関わる予定。

本作は2016年にNetflixにて、全世界に配信される予定。

 

http://www.khmertimeskh.com/news/13654/angelina-jolie-to-adapt-cambodian-memoir-for-netflix-film/