11月24日~26日の3日間、国内各地で水祭りが開催された。雨期明けを祝う伝統行事ではボートレースが行われるが、プノンペンではキャンセルされたため、多くの市民はシアヌークビルなど他州へ出かけた。シェムリアップには国内外から8万~10万人の観光客が訪れ、ボートレースのほかにもコンサートや展示を楽しみ、夜には花火や灯篭流しが行われた。また、ロシアのメドベージェフ首相も訪問していたため、警備も厳重であった。最終日にはカンボジア全域で停電するなどのハプニングもあった。

 

http://www.phnompenhpost.com/business/festival-any-water-will-do

http://www.khmertimeskh.com/news/18086/water-festival-success-in-siem-reap/