観光専門口コミウェブサイト「トリップ・アドバイザー」で行われた投票において、アンコールワット遺跡群が「人気のランドマーク」として1位に輝いた。2位にはペルーのマチュピチュ遺跡(去年は1位)、3位はインドのタージマハルと続く。

以前にも、毎日世界中から何万人もの人々が利用しているサイ ト上で行われた投票において、カンボジアは1位を獲得している。今年3月にはシェムリアップの街が「人気の観光地(ベストデスティネーション)」として アジア1位、世界2位にランクインし、トリップ・アドバイザーの代表が表彰のためシェムリアップを訪れたばかり。

市民から喜びの声が上がる一方で、近年アンコール遺跡の崩壊が進んでいることを危惧する声も上がっている。遺跡の崩壊は自然の影響もあるが、観光客が与える影響も大きいとされている。

http://www.khmertimeskh.com/news/12026//