雨季の終わりはそこまで来ているはずですが、今日も今日で雨が降る。

 

 

 

どうもこんにちは。日本人ゲストハウス Krorma Yamato Guest House PP マネージャーのちゅるーくです。

 

先日のプノンダーに引き続きついでにプノンチソーにも行ってきました。
プノンチソーはプノンダーに行く道の途中に位置していますのでプノンダーにお出かけの際は是非とも抑えておきたいスポットと申せましょう

このへん
このへん

プノンダーで遥か2000年ほど前の上代の時に思いを馳せた後、今度は絶景を楽しみにプノンチソーに参りたいと思います

 

 

しかしプノンというからには階段があるわけでして・・・

20161015_123617222
こちら入り口
こちら階段途中より
こちら階段途中より

 

 

数えてみましたが約300段あまりの階段を登らなければなりません。登山が人気の日本ですから、普段登山やトレッキングを楽しまれる方なら問題ないかもしれませんが、運動不足の方にはやや苦しい道のりになるかもしれません。因みに200段ほど登った所に東屋のような休憩所がありますので、そこで休憩もできます。扇子も売ってます

 

途中にこのような模様のある階段もあって、なんのメッセージか!?と考えてみたりもしますが、明らかにコンクリートの階段なので工事の人たちが描いたものなんでしょうね。

image-0-02-06-af2629c9a3b4d2439f82b8e2711aaab5e6db4d06b1b0d6e0caaa108d94557cef-v image-0-02-06-8c195b50d16a46c546511dca28f1e3526c5af76a56246a5ef747dbde6ce1a077-v

 

登りきるとこんな感じ

image-0-02-06-47a37633f7a5f08e59bbf9589f284401383e01518e03dc8d1d8c55a218fd8f77-v image-0-02-06-65fe1636f7e3a0091ea61ba8e23186fe7dafaf2e365aaa44b1d526f35889224d-v

 

 

少し歩くとプノンチソーの遺跡が見えてきます
少し歩くとプノンチソーの遺跡が見えてきます

 

 

 

 

しかして、プノンチソーはその学術的意味合いのみならず、絶景を楽しむことができるスポットとして外せない物と申せましょう

image-0-02-06-21dd84fb63120c166210aa38a3941a9826e465cb254e1b3258146131695d3e33-v image-0-02-06-f374c1e9efa03d1370d4e7d38049f37287bed1915ffcb30ef1a035486244665c-v

 

 

雨季では東にあるバライ(人工池)に水が溜まっており、美しい景色を堪能することができます

20161015_103306158

南側。要は水没してしまっているわけですが、壮観です

 

 

ここプノンチソーから、とりわけ東側を眺めていますと、なぜここに昔のカンボジア人たちが寺院を建てたのかが分かるような気がします。

 

 

プノンチソーを訪れたいと考えておられましたら、是非当館までお問い合わせください

 

 

Twitter  http://@yamatogh_pp

Facebook http://@krormayamatopp

Tel  068890960