ふと気がつけばいつの間にか2017年平成29年干支は酉になっているではありませんか。
本年もクロマーヤマト・ゲストハウス・プノンペンをよろしくお願いいたします

 

 

新年一発目のブログをようやく書いているだらしのないマネージャーですが、更にだらしのないことに、プノンペンに来たからにはマストで訪れるべきナイトマーケットに、実は行ったことがありません

 

 

ゲストハウスのマネージャーがそんなことではイカン、ということでプノンペンに在住3年目にして初めてナイトマーケットを訪れてみたいと思います

位置はリバーサイドで、ワットプノンに近く、更には近辺にバス会社やホテル・ゲストハウスも多いので、一つのランドマークとして覚えておかれると良いと思います

 

午後3:30~午後11:30までの営業となっており、地元のカンボジア人から旅行の外国人まで集まる賑やかしい場所となっております。
以前は週末のみの営業だったようですが、今は毎日営業となっており、その盛況さが伺えるというものです

 

20170107_183408895 20170107_183350833

 

ただ、基本的には衣類、靴類が豊富な市場という印象です。地元の若人たちがこぞって集まる流行発信地(?)になっているのでしょうか。

20170107_185019531 20170107_184734677
ただ、こういったお土産屋さんも随所に見受けられますので、探してみるのも面白いかもしれません

イベントもやっていましたが、カラオケ大会的な何かでしょうか
イベントもやっていましたが、カラオケ大会的な何かでしょうか

 

 

20170107_190846199

ナイトマーケットと言われるだけあって、普通の市場ではなく、何かしらイベントやらが行われるステージ的な要素も兼ねていますので、タイミングが合えば、様々なイベントを楽しめそうです。因みに、写真は忘れましたが、広場にあるアイスクリーム屋の全部盛り(1.5$?)のアイスが大変美味しかったのが印象的でした。

20170107_183025801

 

カンボジア人にとっては欠かせない「オンクイレーン」(座ってワイワイ出来る場所)「ニャムレーン」(皆で軽食を取る場所)も当然完備しており、お惣菜や果物など、魅力的な食材が揃っていますので、この機会にカンボジアの屋台料理に親しんで見られるのは如何でしょうか。

 

 

ただ、正直に行ってシェムリアップのナイトマーケットと比べると、観光客向けというよりは地元の若者向けに特化した市場という印象もあるので、あまり期待していくのは禁物かと思われます

 

 

プノンペンご滞在の折には是非、当クロマーヤマト・ゲストハウス・プノンペンをご利用くださいませ