こんにちは。インターンシップ生の櫻岡です。今回、私…

 

虫食べてみました!!

屋台で売っている5種類すべて!

まだインターンシップ初日です…まさか虫を食べるとは思ってもみませんでした。カンボジアに来る前にも虫料理を食べることが出来るのは知っていました。知っていましたが、「食べるわけないじゃないか!」と思っていました。

しかし、カンボジアに来て1日経たず、その気持ちはどんどん興味へと変わっていきました。なぜか「ちょっと食べてみたいな」と思い食べてみることにしました。

場所はオールドマーケットにありました。

昼には無かったので、夜になって観光客向けに屋台を出しているのでしょうか。いくつか虫料理の屋台があったので、虫料理を狙うなら夜がオススメです。

せっかくなので食べた5種類を私なりの美味しい順にランキングをし、発表したいと思います。ラインナップは上から順番に「タガメ」「コオロギ」「サソリ」「ヘビ」「タランチュラ」です。最初はタガメ以外の4種類で$2だったのですが、サービスでタガメもつけてくれました。「ありがとう!」と笑顔で言えないサービスは初めてです…

IMG_1337

それではまず

第1位 ヘビ

IMG_1347

ひと口目はとっても硬い。なかなか噛みきれません。「これはやばいかも」と思います。しかし、噛み始めてしばらくしゃぶっていると徐々にほんのり甘みが出てきて美味しくなってきます。意外ですね。スルメ的な感じでしょうか。おつまみに良さそうです。見た目の気持ち悪さに反してのクセになる美味しさ、堂々の第1位です。

続いて

第2位 コオロギ

IMG_1343IMG_1350

初めて虫を食べる私は顔から脂汗が止まりません。

見た目は一番マシで小さいので、「これならいける」と思っていました。予想通り、安定の第2位です。味は特にしませんでした。食感はサクッとしていて香ばしく、スナック感覚で食べれます。やめられないとまらない。何個でもいけますね。

続いて同率で

第3位 タランチュラとサソリ

IMG_1348IMG_1345

どちらも味、食感ともによく似ていたので同率の3位とさせていただきます。どちらも脚の部分はサクッとしていてお腹の部分に身が詰まっています。カニやエビの食感に似ているかもしれません。見た目はやばいですが食べれなくもない。しかし美味しいわけでもない。今ひとつ伸びきれなかった第3位です。

最後に残るは

第5位 タガメ

IMG_1340

見た目も1番食べたくないタガメ。勇気を振りしぼって足の部分をひと口。タガメも食感はサクッとしていて「いけるかな?」と思いました。二口目、お腹の部分を食べてみました。若干緑がかった身はとても不味く、パクチーのような刺激的な味と匂いがしました。もう絶対に食べたくない圧倒的第5位です。

以上でランキングは終了です。全体的な感想としては、「どれも食べられなくはない!」です。基本的に虫料理はサクサクとした食感を楽しむ事が出来るといった印象を受けました。。貴重な経験として一回は食べてみて良かったです。

 

皆さんも是非、カンボジアへお越しの際は虫料理を食べてみることをオススメします!

 

インターンシップ初日は他にもチャーミングシティ市場やオールドマーケット、パブストリートなどへ行きました。

チャーミングシティ市場では、現地の人が買う肉、魚、野菜が売っていたり美容室や店主が昼寝をしているガス屋さんなどがありました。「カンボジアの方はとってもマイペースだなぁ。」日本でせかせか暮らす私はそう感じました。

写真は、チャーミングシティ市場で売っていた丸ごとの鶏と魚です。日本ではなかなか見ることの出来ない市場の光景ですね。

DSC_0006_resize

DSC_0009_resize

チャーミングシティ市場はここになります。


オールドマーケットはローカルな料理屋から観光客向けのお土産屋などが入り混じっていました。オールドマーケットの近くにはパブストリートがあり、夜のパブストリートはとても賑やか。色鮮やかなライトにたくさんの観光客。光輝く「PUB STREET」のアーケードは若干のアメリカ感を感じました。アメリカ全く分からないけど。

IMG_1328

パブストリートはこちらになります。昼と夜で雰囲気が全く異なります。ぜひ昼と夜のどちらも行ってみることをオススメします!