スオスダイ!みーすけです。

 

今日はローカル食堂のお昼について。

 

え、また食ネタだって?

気にしない気にしない。

 

お世話になり過ぎているチャーミングシティマーケットではちょいちょい顔を覚えてくれる人もでてきました。特にスケボーを練習するドリンク屋さんの前ではもう顔なじみ状態です。

 

さて、。

お昼ごはんですが、カンボジアでは食堂のようなシステム?があります。

それがここ。こんな感じ。

鍋にたくさんのお惣菜が入っています。

スープとか、炒め物とか。

色々。全部おいしそう。

もちろん無くなり次第終了。

この時はお昼も終わりかけだったので、品数が減っていました。

お惣菜を選んで、ご飯を付ける事ができます。

お惣菜は2000リエル。

ごはんは1000リエル。

野菜はサービス。

なので今回はこれで5000リエル。

早速実食。

いただきます。

うん!おいしい!!

ちょい辛(私基準)の炒め物は食が進みます。

炒め物にはよくこの葉っぱが入っていますが、

一体何の葉っぱなのやら。

しかし、このレモングラスが口の中で

めっちゃ刺さる。

おいしいのに勢いよく食べられないんですよね。

 

そしてグリンピースとお肉の煮物。

すこし独特な味です。

ココナッツ?なのかな。不思議な味。

ちなみにドリンクはサービスです。

氷入りのカップを渡されるので、それに自分でお茶を注ぎます。

お茶はお店によって味が結構違います。

しかしながら氷が入っていたり、お茶だったりとするので、お腹が慣れていなかったらがぶ飲みは避けた方が無難かもですね。ちなみに生野菜も同様です。

ほぼ完食。

 

これだけ食べられて5000リエル。

グレイト。

 

 

 

大好きだぜ、クメールごはん!

 

 

ちなみに最近発覚したのですが、若干レモングラスアレルギーっぽいんですよね。

レモングラスのお茶とかクッキーを食べると喉がすごく痒くなります。

クメール料理ってレモングラス使うからちょっとショック。