スオスダイ!みーすけです!

数多くのシェムリアップ在住者ブロガーが書いている、キャンディアンコールさんの手作りキャンディ体験に実はみーすけも参加していました〜。

結論

すごく楽しかった

 

さて、そんな楽しい体験ができるキャンディアンコールさんですが、通称アンコールワット通り沿いにある可愛いお店です。

170415_01 170415_02

キャンディはもちろん、キャンディアクセサリーやその他のお土産もたくさんあるので、オールドマーケットとかで汗だくになって探すのが嫌な方はこちらでお土産をチョイスされることをお勧めします。
クーラーかかっているので天国です。運がよければキャンディ製作の現場を見ることもできます。

さて、さっそくキャンディ作り!
職人のYAYOIさんが丁寧にレクチャーしてくれます。

170415_07

170415_06170415_08

基本的には温まって柔らかくなった飴を造形し、棒に刺すという単純プロセスです。

さて早速

オペを開始だ!

170415_09

ん?単純のはずが円に造形するのすら難しい・・・・。あれ?

170415_10

形に納得がいかない。

170415_11

しょうがない、可愛いもので誤魔化すか・・・。
今年の干支はトリだしトリでも作ろう。

170415_12

あれ?意外に可愛くできたんじゃない?

170415_13

細かい造形が難しいけれどなんとか形に。
しかし、超真剣。

170415_14

お、いいじゃない。

170415_16

今回は2本作れるのでもう一つはアンコールワットを製作。

170415_20

なんだかんだ満足な出来上がり。

しかし横に目をやると。

170415_17

一緒に参加した こーた がなんか怖いもの作ってる。

170415_18 170415_19

結果的にペンギンとマグロのお寿司、そして謎のロールキャベツだったのですが

ペンギンはマジで恐怖体験でした。

 

 

出来上がったキャンデイはラッピングしてお持ち帰りできます。

170415_21 170415_22 170415_23 170415_24

みなさん可愛く出来ていますねー。本当に。

170415_25

最後は作品講評会!意外にも良い評価をいただきました☆

 

キャンディ作りは通常前日予約の受け付けでお一人様10UD$にて体験可能です!
日本でもこんなに気軽に体験はできないと思いますので、シェムリアップに来た際は是非ともご参加くださいましー!

ああ、本当に楽しかった。

 

*こーたくんのキャンディですが、立体造形はかなり難易度が高いらしいです。

 

【キャンディ アンコールCANDY ANGKOR】

連絡先 063 964 755
営業時間 9:30〜19:00

http://knunited.com/candyangkor/index.html