みーすけです。
本当にシェムリアップが寒い。改めて思い知らされる真実は

そう、私は冷え性だった・・・。

ということを。地味に辛いです。
ホットシャワーつきのアパートに住んでいるのですが、タンクの水も冷えているせいかなんだかぬるい。
なので冷えた足先に体温を戻すのに苦労します。
先週までは生姜を食べ過ぎて汗だくだったのに・・・。まったくです。

さて、先日今更アイロン台(8ドル)を買いました。
組み立てた途端に猫のおもちゃになるのでたまったもんじゃありません。

アンコールマーケットでは10ドルで販売していたのですが、オールドマーケットで買うことで少しだけコストを抑えることに成功しました。

シェムリアップにはたくさんのマーケット、いわゆるプサーがたくさんありますが、観光としても有名なのがオールドマーケット/プサー・チャー。
オールドマーケットというくらいなので歴史あるマーケットだろうと思いきや、意外にも新しいマーケットというのが事実だそうです。笑

ここ、オールドマーケットでは生鮮から衣類、日用品、そしてお土産まで様々なものを揃えることができます。場所さえ知っていればスーパーマーケットと変わらない品揃えが叶います。

アイロン台を買うついでに改めてマーケットを散策してみました〜。

 

オールドマーケットはシヴァタ通りの端っこ、ちょうど通りとシェムリアッップ川がぶつかる辺りにあります。
パブストリートにも近いので一緒に観光できると思うかもしれませんが、市場なのでやはり朝の方が活気があります。18時には内部のお店も閉まってしまい、観光客向けのお店のみ営業となります。逆にパブストリートは夜に賑わうので、別々に観光することをおすすめします。

まずはオールドマーケットの北側。日用品とレストランが並んでいます。
レストランの料理はどちらかというとローカル向け。観光客が気軽にローカル料理を食べれるようなセッティングになっています。
日用品については正直いろいろありすぎて何がメイン・・・とはいえませんが、
掃除用具からキッチン用品、南京錠や下水用パイプまで様々なものが販売されています。

少し中に入るとところ狭しと置かれた食器やタオル、化粧品など、ものがありすぎて目的のものを探すとなると大変です。
しかし、誰かしら店員さんに話をすると、他の店の人を読んで「〇〇ある?」みたいな感じで買い物のお手伝いをしてくれたりします。ありがたい〜

オールドマーケットの道幅は基本人がギリギリすれちがえる程度。もっと狭い道もたくさんありますが、バックパックのままで入ると道が塞がれて大変なことに・・・なんてこともしばしば。


↑こちらは美容院とお裁縫屋さんが大接近。

雑貨屋さんと生鮮が近いのも不思議な感じ。
靴屋の目の前で生鮮を売っているだなんて、日本では見ることがないですね。


↑こちらは午前中限定のマーケット。午後になるとこの通りの生鮮は店を片付けてしまいます。

 

内部のマーケットに入ると観光場所にも関わらず、ローカルで賑わうマーケットの様子を見ることができます。
海からは遠いシェムリアップですがエビやイカ、カニも取り揃えています。その他にも朝に絞めたチキンや暑い国ならではの果物、少し値段は上がりますが牛肉などの専門店が多く並んでいます。
お米やさんや乾物、スパイス屋さんもあるのでカンボジアで買うことのできる食材はここでほとんど手に入れることができます。

 

そして近くにはローカルの食堂が!
こちらには地元の人も多く通い、逆に観光客は少なくなります。(みんな通り過ぎていくだけ)

食堂では朝ごはんの定番、豚肉乗せご飯(バイサイチュルーク)や串揚げなどが見られます。
ローカル食堂にいくとお見かけするのが猫や犬。
おこぼれを狙っているんですね〜

食べ歩きにはこちらがおすすめ!
揚げたてのさつま揚げです。出来立てはふわふわで本当に美味しいですよ〜

カンボジアで取れるパイナップルは小さめのものが多いです。
販売店の中には皮を向いた状態で販売している店も少なくありません。


↑こちら、飾り切りにも見えますが、実はパイナップルの皮を綺麗に取り除くと、綺麗な螺旋を描くような飾り切りになります。パイナップルを買う際に、店先の人に頼むとサクサク切ってくれるので、めんどくさい皮切りをしなくて済むのでいいですね〜

 

他にもカンボジアのスイーツ!かき氷に乗せて食べるものや、もち米ケーキのようなものまでたくさんあります。

内部のマーケットから南側に移動すると、観光客向けのお土産店が多く並びます。


↑こちらはドライフルーツ。乾物屋さんですね。コショウなども一緒に売っています。カンボジアのコショウは香り高いのでおすすめ。


↑一番スタンダードなクロマーやタイパンツを売るお店。見上げれば所狭しといろんなものが並ぶというより詰まっています。


↑骨董品のようなものも売っています。何に使うのかいまいちわかりませんが掘り出し物もあるかも?!


↑宝石屋さんまであるから驚き。

 

ということで、改めていろいろ揃うなあ、と感じたオールドマーケットでした。
もうすぐシェムリアップにきて2年になりますが、オールドマーケットを歩くと、現地の人から見て私もただの観光客に過ぎないんだなあと思います。

そう思うと慣れたカンボジアでもやはり、お邪魔しているという意識は忘れたくないなあと思います。その地域に住んでいる人たちの気持ちとか、大事にしているものを私たちも大事にできればいいなと日々日々思います。

 

ではでは日常編でした〜