泰造

インターンシップ

シェムリアップで内戦の傷跡を見た 八巻篤史

今回、初めてカンボジアにやってきた。シェムリアップに3日間滞在する中、今なお残る内戦(1970~91年)の「傷跡」の数々を垣間見た。キリング・フィールド、犠牲になった日本人カメラマンの存在、生活を続ける元兵士の人々等。その模様をお伝えする。...
タイトルとURLをコピーしました