カンボジアと日本との大きな違いは気候にあります。カンボジアには四季がなく、乾季、雨季といった熱帯気候です。特に乾季の時期は雨はほとんど降らず、最も暑い時期は40度近くになります。村ではこういった気候が貧困問題を大きく影響を及ぼすひとつの要因です。
理由は前回と同じく、「水」にあります。雨季では村も農業が盛んに行われ、家族力を合わせてあくせく畑仕事をしてる村の人々は、乾季に雨、水がないため、思うように農業ができず、収入のない家庭がたくさんいます。街に出稼ぎに行ったり、そしてタイに不法入国、就労をしたりして乾季の収入を作っている家庭もあります。街に出稼ぎならまだしも、タイへの出稼ぎは人身売買に巻き込まれたり、危険な仕事を押し付けられたりと常に危険と向かい合わせです。
子どもたちもそれについて行ったり、残され親戚の家に預けられたりと不安定な生活を余儀なくされています。そこで僕たちは安全な生活をサポートするために、乾季の農業を支援する事業を考え、活動しています。
ひとつはいろんな気候に対応できる農業のノウハウを日本の専門家の方々に相談しながら村で農業を実験的に行っています。そしてもうひとつは乾季の農業で重要だった水の確保をする為に、村にため池を掘る事業をスタートし、今一つため池が完成し、利用されています。
長期にわたる支援を続けるのでなく、自らの手で生活を安定できる仕組み作りを私たちがサポートする事が本当の自立支援だと私たちは考え、活動しています。seedofsmile5

 

シェムリアップ郊外と北に90kmの村で活動中。テーマは生まれた土地で暮らせる環境を。「地産地生」 ミサンガ編み、日本語寺小屋、農業などの体験、見学随時受け付けています。活動優先のため、事前にご連絡下さい。

 

国際笑顔支援団体 SEED OF SMILE
Name:  西澤 豊
Tel:  088-531-7880
Mail: info@seedofsmile.com
FB: 国際笑顔支援SEED OF SMILE
Web: www.seedofsmile.com