アシュラム・モハ・ルセイ寺院 

クメールの起源ともいわれるアンコール・ボレイ地域にある、もう1つの遺跡。全て玄武岩で造られている寺院は稀で、祠堂の中に祠堂が入った二重構造になっている。建設は6世紀ごろといわれているが、保存状態はとても良い。また、通常ヒンドゥー寺院は東が正面と決まっているが、アンコール・ボレイ地域の2つの建物はどちらも北を正面にしている。入場料はプノン・ダー、アスラム・モハ・ルセイ共通で2$。