プノン・チソー 

タケオの町からプノンペン方面へ27㎞の距離にある、アンコール時代のヒンドゥー寺院。標高133m、400段の階段を登った先にある山頂の寺院は、アンコールワットが建てられる約半世紀前の11世紀に建設された。ベトナム戦争での爆撃による破損もあるが、石積みの門や数少ない彫刻などは鮮明に残っている。山上からはタケオ州の田園風景が眺められ、ふもとには大きなバライ(貯水池)などが残っている。拝観料2$。