プノン・バンテアイ・ニアン

シソポンから15㎞ほどにある小高い山。別名「クレ・ネアン(お姉さんのベッド)」山の上には仏陀座像と小さな寺院があり、バンテアイミエンチャイ全体を見渡せる。山腹には小さな洞窟もあり、中には仏像が祭られている。また、ここでは6世紀後半~7世紀初めごろのものと考えられる、古いサンスクリットの碑文も出ておりバーヴァヴァルマン1世、つまり前アンコールのチェンラ時代の最初の王と思しき人物の名が見られるようである。お正月やお盆などは多くの人が集まり祭りが催される。