気候が涼しくなっていくのを肌で感じている毎日です。なんか秋っぽいねと思ったら10月の半ばも過ぎていました。

 

 

どうもこんにちは。日本人ゲストハウス Krorma Yamato GuestHouse PhnomPenh マネージャーのちゅるーくです。

 

 

 

今月発行のカンボジア日本語情報誌「ニョニョム」はタケオ州特集で色々なタケオの見所が紹介されていたわけでありますが、奇しくもわたくしちゅるーくも去る10月15日にプノンダ-・プノンチソーを訪れておりまして、その御報告をいたしたいと思います。


87キロ近くあるとは中々の距離です。
正直なところこの距離をトゥクトゥクで行くのは相当厳しいと思われますので、タクシーか、貸し切りセダンで行くのが望ましいといえるでしょう。
大変申し訳無いことに当ゲストハウスではまだタクシーの手配に関してはまだ整っておりませんので、今しばらくお待ち下さいませ。

 

 

ただ今回は友人が持っているタイ式のトゥクトゥク3輪車で行けましたのでそれなりに楽に行くことができました。

LPG車なので燃費も抜群
LPG車なので燃費も抜群

 

 

途中ののどかなカンボジア的田舎の景色を楽しみつつ

20161015_090522640

20161015_085220776

 

ただニョニョム誌上で気になったのが、プノンダーが船でしか行けないような書き方だったわけですが

 

20161015_095452589

20161015_095942564

つい最近道が整備されたようで雨季でも車で行けてしまうんですね。なんだったら対面に見えるプノンボレイにも行けてしまうレベルです。些か風情には欠けますが、格段に便利かつ安全に行けるようなったので喜ばしいことです。地元の方々も喜んでおられました。

 

 

さて、プノンダーです。プノンすなわち山という意味ですから、老いも若きも階段を登らなければなりません。

20161015_101718705

さらにもう一つ・・・

20161015_102015565

 

 

2000年の永きにわたってこの地での王国の勃興と没落を物言わぬ証人として眺めてきたのでしょう

20161015_102201908 20161015_102233084 20161015_102403338

 

 

あまり人が多いところでもないのですが、土日や祝日は人が多く来るそうなので、午前中若しくは平日を狙ってくるといいと思われます。

 

ただひとつ言えるのは、プノンダーを訪れる際は、事前勉強が必須かと思われます。もしこの遺跡の背景の情報を知っていたら更に興味深い訪問となることでしょう

 

 

 

Twitter @yamatogh_pp

Facebook @krormayamatopp

Tel 068890960