special8「アンコールワットは凄かった!」「子供たちの目がキラキラしていた~」「思ったより発展していた」。ただ目に映っただけの感想。表面を見ただけその国を知っているつもりにならないで、もう一歩深く学んでいく。その国の歴史や文化、そして現状をきちんと見て、知って、感じる。そんな少し大人の社会科見学。

 

 

【伝統】アーティザンアンコール

Silk Farm(Artisan) (23)【団体活動紹介】1999年、現金収入の少ない村人たちに手に職をつけてもらうために作られた職業訓練校です。職人指導のもと、クメールスタイルの石の彫 刻、木彫り、漆塗り、シルク織物などを教えています。現在42か所の施設で1300人以上の雇用、内900人の職人が働いています。

 

 

 

 

Artisandangkor (8)【ツアー行程など】市街の工房と、ポウ村のシルク工房との2ヵ所があり、それぞれの施設で職人たちの作業行程を順を追って見学でき、最後はショップで商品が購入できます。日本語ガイドも在籍。

 

 

 

 

 

Silk Farm(Artisan) (5)

アーティザンアンコール (Artisans d’Angkor)

オープン時間:毎日7:30~17:30

ツアー時間:約30分 料金:無料

場所:オールドマーケット近くとポウ村

Web:www.artisansdangkor.com

TEL: 063-963330

 

 

【遺跡】アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展のための人材養成支援機構(JST)

JASA Tours 2015 (19)【団体活動紹介】1994年、アンコール遺跡修復事業に派遣された日本人専門家と、現場で働くアンコールクラウ村の作業員との村ぐるみの交流がきっかけとなり、2005年に誕生したローカルNGO。遺跡を護り、地域を育て、子供たちを支えています。

 

 

 

 

 

JASA Tours 2015 (124)【ツアー行程など】遺跡修復の専門家と一緒にバイヨンインフォメーションセンターからアンコールトム・バイヨン遺跡を回る。アンコール王朝の歴史から、王の話、出土物、バイヨン寺院に纏わる秘話、そして現在行っている修復事業と、団体の活動に関する話を深く学べる。

 

 

 

 

JASA Tours 2015 (133)

アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展のための人材養成支援機構(JST)

場所:バイヨンインフォメーションセンター、バイヨン寺院

ツアー時間:  4時間 料金:催行会社による

Web:www.jst-cambodia.net TEL: 092-165083

* 旅行会社を通し、事前予約しなければ参加できません。

 

 

【動物】アンコール野生動物保護センター(ACCB)

ACCB (28)

【団体活動紹介】2000年初期より活動開始。クーレン山の一部であるクバールスピアンに2004年より野生動物を保護施設兼管理所の建設し、傷ついた野 生動物の保護と治療、地域に住む住人たちへの動物保護の呼びかけや啓蒙活動、子供たちへの自然、環境への意識向上教育などを行っている。

 

 

 

 

ACCB (24)【ツアー行程など】所定の時間にクバールスピアンにあるセンターに集合。専門家と共にセンター内に保護されている動物を見学し、その説明(英語)を楽しむ。また、カンボジアの抱える野生動物保護問題が学べる。

 

 

 

 

 

ACCB (74)アンコール野生動物保護センター(ACCB)

時間:9:00と13:00発(月~土)

ツアー時間:約90分

場所:クバールスピアン麓の施設 寄付:最低3$~

Web:accb-cambodia.org

TEL: 099-604017

 

【内戦】アキラ地雷博物館

Akira Mine Museum (119)【団体活動紹介】1997年、元少年兵で実際に地雷を埋めていたアキラ氏自身が地雷除去を開始し、その地雷を集めた小さな博物館を建設しました。そこでは 地雷により手足を失った子供たちが一緒に生活していました。現在は郊外の村に引越しし、地雷撤去活動と教育支援などを行っています。

 

 

 

Akira Mine Museum2010 (4)

 

【ツアー行程など】月、火、木、金の9:00から15:00まではガイドツアーもあり、館内パネルにて地雷に関する話や地雷撤去の状況、実際に撤去された地雷などの話が聞ける。バンテアイスレイ寺院手前5㎞地点。

 

 

 

 

 

Akira Mine Museum (30)

アキラ地雷博物館(Cambodia Landmine Museum)

オープン時間:毎日7:30~17:30

ツアー時間:約30分

場所:クバールスピアンの手前5㎞地点

料金:5$

Web:www.cambodialandminemuseum.org

 

 

【教育】かものはしプロジェクト

Kamonohashi Factory (57)【団体活動紹介】2002年、強制的に子どもが売られてしまう問題を防止するために三人の日本人が活動を開始しました。家が貧しいと子どもが売られる。そ れを防ぐには現金収入を生み出す仕事を創ること。そう考えコミュニティファクトリーを運営し、海外にも通用する商品を作って販売しています。

 

 

 

 

Kamonohashi Factory (45)【ツアー行程など】地方都市の村の現実、抱えている問題などの話を聞きながら、実際に働いている女性たちの姿を見学します。またヤシの葉ボックス作り体験コース(2時間)、村落見学コース(3時間)もあります。

 

 

 

 

 

Kamonohashi Factory (51)

かものはしプロジェクト(Kamonohashi Project)

時間:8:30~11:00、13:00~16:00(月~金) 料金:10$~

場所:ロリュオス遺跡近く ツアー時間:1時間~

Web:www.kamonohashi-project.net

TEL: 063-967896

* 料金、内容はコースによって異なります。2名様以上で催行。

 

 

【医療】アンコール小児病院

Friends without border (6)【団体活動紹介】1999年にフレンズウィズアウトボーダーが設立した小児病院です。開院以来120万人以上の子供たちに一切の差別なく無料で医療を提供 してきました。また2013年からは外国人による運営支援をやめ、「カンボジア人によるカンボジア人のための病院」として自立して再スタートしました。

 

 

 

 

Friends without border (14)【ツアー行程など】敷地内に観光客向けの見学施設「AHCビジターセンター」があり、そちらで病院の活動をパネルやDVD(日本語有り)にて紹介しています。また献血以外の病院棟への立入りは禁止しています。

 

 

 

 

 

Angkor Children Hospital (20)ンコール小児病院(Angkor Hospital for Children)

オープン時間:8:00~17:00(日曜、祝日休み)

場所:セントラルマーケット近く 料金:無料

Web:angkorhospital.org

TEL: 063-96340

 

 

 

全てのツアーは、クロマーツアーズでも予約頂けます。但し、ホテルから各施設までの車両付きツアーとなるため、料金は異なります。より深い内容を日本語で聞きたい方には日本語ガイドの手配も可能です。料金などはお気軽にお問い合わせください。

TEL: 012-890960 / 015-890960(日本語対応)