一村一品(One Village One Product) in cambodia—シェムリアップ州の水草を使ったカゴバッグを編む村

ウォーターヒヤシンス(ほていあおい)という水草を使った製品づくりをしているコミュニティがあります。
場所はシェムリアップ。東南アジア一大きいといわれるトンレサップ湖のほとりの村です。さんさんと降り注ぐ太陽の光となみなみと豊かな湖の恩恵を受けて育った水草を使って編まれるカゴバッグは、素朴で、味わいがあり、観光客にも人気です。
家内生産で一軒一軒、軒先で作るモノ作りは、近年職人さんたちの仕事離れが進んでいます。工場による大量生産のモノにはない
手のぬくもりを伝える製品。小さな子供がいるお母さんが、遊ぶ子供のそばでモノ作りをしながら家計も支えられる、そんな
素晴らしい手仕事がこの先も続くように、2018年4月筆者がこの村でカゴバッグ作りの小さな工房をたちあげました。職人6人で始めたこの工房から、世界中の観光客に胸を張って出せる製品作りを目指し日々活動をしています。

工房場所:トンレサップの近く
※直接中川までお問い合わせください。

Tel: 010225095
Mail: yukiko_bang@hotmail.com
FB: yukiko.nakagawa.1272

 

KIKO-なかがわゆきこ-

カンボジアの手作り雑貨のお店「VerryBerry」の
オーナー兼デザイナートンレサップ湖の村に工房を作り、水草のバッグ
ブランド「Pavanasara」を立ち上げた。
お店はシェムリアップ・オールドマーケットのそば。