Toyomi’s Cambodia no Gohan vol.7

日本でもレモングラスを育てて欲しい!
クルーン(香り高いペースト)を使ったアレンジ料理。
これからの季節、夕食はもちろん、キャンプや、BBQでも是非。

味の目安:ナ甘めの仕上がりで、ハーブの香りがほのかに残る。フライパンで焼いても、BBQででも、お好みで。

  材料・調味料 

<クルーン (香り高いペースト) >
*フードプロセッサーでペースト

・レモングラス  2本*根っこの部分
・ニンニク  3かけ
・ガランガル    2cmほど
・ターメリック  1cmほど
・カフェライムリーフ 2枚(軸を除く)

・毛羽元 800g(手羽先でも可)
・重曹 小さじ1
・クルーン  大さじ2
・八角(粉)  小さじ2
・パームシュガーもしくはちみつ  大さじ1
・ナンプラー  大さじ2
・醤油  大さじ2
・塩  ひとつまみ
・ライム  お好み

  作り方
手羽元は重曹をまぶし15分ほどおく。
手羽元の重曹をしっかり洗い流す。
全ての材料を混ぜ合わせた大きめのボールに、しっかり洗った手羽元を漬け込む。(30分から1時間)
軽くクルーンを取り除きこのみの方法で弱火でじっくり焼いていく。
好みでライムを絞っていただく。

  ポイント 
クルーンがついていること、甘めの味になっているので焦げやすいので注意する。
重曹は、肉を柔らかくする効果がありますが
苦味があるのでしっかり洗い流しましょう。

Toyomi Maehara
看護師・カンボジア料理研究家。ローカルNGOにて湖上ナースを経て、現在は大好きな食をテーマに食からカンボジアを学ぶスタディーツアーや、料理教室を開催。
カンボジア人の家に訪問して料理を学ぶ訪問型の料理教室は在住者にも人気。
ブログ:カンボジアノゴハン http://ongrong.jugem.jp FB:@cambodianogohan