【シェムリアップ】アーティザンアンコール日本人ゲストリレーション 丸山 奉子(まるやま ほうこ)

R25_Maruyama

旅先で感じたアイデンティティ

自分のアイデンティティってどこにあるんだろう。韓国国籍の父と、日本国籍を持つ母との間に生まれた自分。物心ついた頃に、父親からそのことを周りに言わないように言われていた。なんで隠さなきゃいけないんだろう、自分は何人なんだろう。ずっとそう思っていた。そんな意識も、旅先で様々な人々に出会っていくことで、そんなことはどうでもいいことのように感じ始めた。

子供の頃から映画が好きであった。その影響もあり東京の映像制作の専門学校に通うこととなった。18歳、友人と初めて海外旅行に行くことにし、いくつかの候補地の中からカンボジアに決めた。さほど深い理由があった訳ではない、講師の一人に五十嵐氏(映画「地雷を踏んだらさようなら」の監督)がいたから、それだけの理由で決めた。

学校卒業後は、1年間映写室で働いた。そして貯蓄したお金でアジアへと旅に出ることにした。自分は日本人だけどアジア人だと思っていた。訪れた国の中から、いつかどこかに住もうと決めていた。そして自分が住みたいと思ったのがカンボジアであった。

 

カンボジアで働く。そして、日本で入籍
カンボジア人との恋愛・結婚・出産、そして子育て

(こちらの記事は書籍版でご紹介しております)

 

カンボジアでの生活と自分

休みの日はのんびりと、バイクで道なき道をうろうろしています。日本じゃありえないけど家族5人で一台のバイクに乗ったりして。

日本とカンボジアを較べると、細かすぎる日本人に対して、細かさがなさすぎるカンボジア人。これは人との距離に置いてもそうですよね。でも、おおらかで温かさがあり、今を楽しみ、笑いが絶えない人々が多いですし、子供にもそうなってほしいです。

実際、私が見ているカンボジアが、カンボジアの全てではありません。でも、私が見ているカンボジアが、私にとってのカンボジアです。

アイデンティティにも繋がると思っているんですが、カンボジア人との恋愛・結婚も、カンボジア人だからって、ひとくくりにできないと思うんです。日本人でも様々な方がいますし、一緒ですよね。

 


 

 

丸山 奉子(まるやま ほうこ)

出身: 静岡県

学歴: 静岡県立静岡農業高等学校、映画映像学院

職業・業種: アーティザンアンコール日本人ゲストリレーション

座右の銘: わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。

趣味: 読書、映画鑑賞、旅

カンボジア歴: 2002年初訪問、2005~2006年滞在、2012年より在住

ウェブサイト: http://malaru.jugem.jp/

100cambodiajapanese-ad